最新号紹介

最新号紹介【12月1日発売!】

【特集】「本はチケット。ページをめくると、そこは瀬戸内。」

ページをめくるだけで、過去にも未来にも、海外にもご近所にも、私たちを連れていってくれる本。今号は、そんな本をテーマにしました。

●グラビア ようこそ、小説の中の瀬戸内へ

(犬島/岡山、大崎下島/広島、小豆島/香川、淡路島/兵庫)

ある日、写真家のもとに、一冊の小説が届きました。小説の舞台は瀬戸内。読み終えた後、写真家たちは旅にできました。小説の中に描かれた瀬戸内の風景を探しに……。

●『八日目の蝉』の作者 角田光代さんインタビュー

小説『八日目の蝉』。小豆島(香川)が舞台のこの小説は、どのように生まれたのでしょうか。小説の主人公、希和子と薫のふたりが暮らした小豆島、海が見える場所で、角田光代さんにうかがいました。

●海を走る図書館「文化船ひまわり」の物語

1960年代から80年代まで、瀬戸内の島々をめぐり、島の人たちに本を届けた船「ひまわり」。日本で唯一の船の図書館です。広島県立図書館、生口島(広島)と、ひまわりに会うために、私たちは旅にでました。

ほかにも、瀬戸内のブックカフェ&本屋さんリスト、瀬戸内を旅する人必見!瀬戸内航路図&時刻表(香川編)など一冊まるごと瀬戸内と島と本にまつわる内容でお届けします。

 
詳しくは本誌をご覧ください。

本誌紹介へ

島だより

三豊市で美しい島々を見てきました。

瀬戸内国際芸術祭の秋会期が、11/6(日)で閉幕しました...

粟島『島のじいちゃんが行った世界の港町』

「白い飯が食えるから、船に乗ったんよ」 まるで時代劇の台...

本島に海が見えるパン屋さんできました。

先日、本島の笠島地区に新しくオープンしたベーカリーカフェ...

さざえ隊グッズに新作が加わりました。

多度津町から見える、きれいな山形の離島、高見島。 島の魅...