最新号紹介

せとうち暮らしVol.19 2016年7月中旬発売予定!
【特集】「アートはそのまがり角の先に」

今年で3回目を迎える芸術祭。非日常だったアート作品は、すっかり島の暮らしにとけこんで、まがり角をまがればすぐそこにある、身近な存在になりました。

芸術祭の舞台であるふたつの島、小豆島(香川)、大島(香川)で出会った、アートと島の人々の物語。

●小豆島の人たちが、清水さんのアートを愛するワケ。(香川県)

「アート作品をまるで我が子のように磨いている島の人がいる」。それが今回の取材のきっかけでした。「オリーブのリーゼント」と「愛のボラード」。どちらも工業デザイナー清水久和さんの作品です。清水さんの作品のそばには、たくさんの島の人たちの笑顔がありました。

●大島アワーと森の小径(香川県)

毎月1回、大島で放送されているラジオ番組があります。島の何気ない日常が流れる日もあれば、ラジオ番組が流れる日もあります。制作しているのは、こえび隊の皆さん。一緒に島を歩きながら、大島アワーについて、島の人たちへの思い、島の未来についてうかがいました。

●せとうちの暮らしが見える島マップ

せとうち国際芸術祭の12の島[直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、本島、高見島、沙弥島、粟島、伊吹島]のイラストマップ。島のお店や風景、お土産などを紹介。島めぐりが楽しくなるマップです。

ほかにも「大人のためのゲストハウス&一棟貸の宿案内」、ジャーナリスト内田洋子さん、南陀楼綾繁さんの瀬戸内エッセイなど、盛りだくさんの内容です。

詳しくは本誌をご覧ください。

本誌紹介へ

島だより

sg19_h1

瀬戸芸の夏会期もあと10日間。

瀬戸内国際芸術祭の夏会期も、ついにあと10日で終わってし...

小豆島「太陽の贈り物」で記念撮影。

小豆島の土庄港で船を待つ間に、ちょっと時間があれば「太陽...
DSC_6652

猛暑にご注意ください。

瀬戸内国際芸術祭の夏会期で盛り上がる瀬戸内ですが、連日の...
DSC_6720

瀬戸内アジア村が閉幕しました。

高松港で7月18日から3週間開催されていた「瀬戸内アジア...